『MOZU』出演の真木よう子が男っぽい!結婚には瑛太が絡んでた!

5月9日に公開された映画『脳内ポイズンベリー』

主役を演じ、2006年には

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』

ハリウッドデビューもしている

実力派女優・真木よう子さん。

写真引用:フライングボックス公式HP

 

この映画には北川景子さんも

出演しているということで

大きな話題と呼びました。

そんな真木よう子さんについて調べてみました。

関連記事:『探偵の探偵』北川景子は負けず嫌い?DAIGOとロックが大好きだった!

 

SponsordLink

真木よう子のプロフィール

生年月日:1982年10月15日(32歳・2015年7月時点)
出身地:千葉県印西市
身長:160cm
血液型:A型
職業:女優、歌手
活動期間:1999年~
配偶者:片山怜雄(2008年11月 ~)
所属劇団:無名塾(1998年~ 2000年)
事務所:フライングボックス

真木よう子さんは4人兄弟で、

兄が一人、弟が二人という

男兄弟の中で育ちました。

女優を目指したきっかけは、

小学生2年生の時に観た

安達祐実さん主演の『REX 恐竜物語』で、

同世代の安達祐実さんが活躍しているのを見て、

芸能界に入りたいと強く思ったそうです。

そして中学3年生のとき、『無名塾』に入って

芸能界入りを目指した芝居の勉強をしたい

両親に相談します。

大事な娘が芸能界に入るのを父親が

猛反対するというのはもはやテンプレですが、

真木よう子さんのお父さんもそれと同様、

めちゃくちゃ反対したそうです。(笑

しかし、

どうしても女優になりたかった真木ようこさん。

お父さんに許してもらいたいけれど、

なかなか首を縦に振らないお父さんに

「女優になるのを反対するなら、

 援助交際してやる!!」

と高らかに宣言したそうです。

もはや脅しですよね。(笑

しかし、

そこで娘の本気の訴えに心動かされたお父さんは、

真木さんの芸能界入りを許しました。

 

実はかなり男勝りな性格だった!

お父さんを脅してまでも

女優になりたかった真木よう子さん。

男に囲まれて育ったのもあるでしょうが、

中身の性格はかなりの“男”!

競争率の高い『無名塾』に入塾し、

 

スポンサーリンク

 

その公演での合宿中にサボっていないのに

サボったと疑われ怒られたために、

逆に怒り返して退塾した

という逸話もあります。

また、映画『ゆれる』のオーディションで、

控え室で待っていると

若くて可愛い子が入ってきたために

「来やがったな、この野郎!」

睨みつけたところ、

実は監督の西川美和さんだった

というエピソードもあります。(笑

 

結婚のきっかけは瑛太!

そんな男臭溢れる真木よう子さんですが、

プライベートでは2008年に元俳優で

現在作家業をしている片山怜雄(かたやま れお)さんと

ご結婚されました。

お二人の出会いのきっかけを作ったのが

俳優・瑛太さんで、共演した映画『東京フレンズ』

仲良くなり一緒に食事をした際に、

瑛太さんが片山さんを連れてきたそうです。

両親が離婚しており、暖かい家庭を

夢に見ていた真木よう子さんは、

周囲の反対押し切り授かり婚という形で結婚しました。

今では娘さんを持つ一児の母となり、

主婦業、女優業共に精力的にこなしています。

 

まとめ

11月7日には映画『劇場版 MOZU』

公開予定の真木よう子さん。

刑事役のカッコいい真木よう子さんに

会えることが楽しみですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

人気の記事