金スマ出演!一青窈は台湾の財閥一族生まれ!壮絶な生い立ちと過去とは?

2002年『もらい泣き』でデビューし、

2004年には『ハナミズキ』

大ヒットした一青窈さん。

写真引用:公式HP

全て実体験に基づいて書かれた歌詞に、

心を打たれてしまった方

多いのではないでしょうか。

歌手として成功した一青窈さんですが、

現在は女優としても活躍されています。

まずはプロフィールをどうぞ。

 

SponsordLink

 

 

一青窈のプロフィール

出生名:顏 窈(イエン・ヤオ)

生年月日:1976年9月20日(38歳・2015年7月時点)

出身地:台湾

学歴:慶應義塾大学環境情報学部卒業

ジャンル:J-POP

職業:歌手、作詞家、女優

活動期間:2002年~

 

一青窈さんは、台湾人の父親

日本人の母親の元に生まれました。

「一青」という名字は母方の名前で、

石川県の地名に存在しています。

 

生まれはお金持ちの家?

一青さんの父親は、

台湾の五代財閥のうちの一つである

顔一族の長男で、戦中から戦後、

日本に長く滞在していた間に

一青さんの母親と出会い結婚しました。

金鉱経営で成功し、巨万の富を獲たようです。

しかし、

一青さんは幼稚園卒園まで

台湾で暮らした後、母親と共に日本に移住し、

それから今日までは日本で暮らしています。

 

早すぎた両親との別れ

小学校二年生の頃、一青さんの父親は

56歳という若さで亡くなりました。

まだ8歳だった一青さんは

相当寂しい思いをしたことでしょう。

母親と日本に移住して二年ほどで

父親を亡くしてしまったということで、

お母さんも相当苦労されたに違いありません。

しかし、

一青さんが16歳、高校生の時に、

大好きだった母親も亡くします。

癌で亡くなったそうで、

日に日に弱って行く母親の看病は、

本当にとても辛かったことでしょう。

 

音楽を学んだのは慶應!

両親を早くに亡くした一青窈さん。

悲しみは深かったでしょうが、

実家が金銭的に恵まれた環境だったため

大学は名門・慶応義塾大学環境情報学部へと

進学します。

AO入試での合格ということで、

総合的なポテンシャルの高さが伺えますね。

大学では、様々な音楽系サークルに参加し、

小学校高学年のときに宮沢賢治に触発され

書き始めた詩の勉強や、

ストリートライブなどに明け暮れていました。

 

ゴスペラーズ・北山陽一がきっかけ?

掛け持ちしていたサークルのうちの一つ、

K.O.E.(アカペラサークル)には、先輩に

ゴスペラーズの北山陽一さんがいたそうです。

(北山陽一さんの写真はコチラ!)

デビューを目指していた一青窈さんは、

北山さんに自作の詩を見せました。

すると、北山さんに

「面白い!」

と大絶賛され、

「FAXしてくれたら、いくらでも曲を付けるから歌え」

と提案されたそうです。

それから、自分の詩で自分の曲を

歌うようになった一青窈さん。

 

スポンサーリンク

 

歌も詩もピカイチだった彼女は、

福祉イベントで歌っていたところを

早くもスカウトされ、

見事歌手デビューすることになりました。

ゴスペラーズ・北山さんと出会い、

紡いでくれたデビューへの道

いち早く才能に気づき、

自分で歌うことを提案してくれた方が

近くにいてくれて、

一青さんは本当にラッキーでしたね。

関連記事金スマ出演!ゴルゴ松本の講演「命の授業」で感動の嵐!高校は野球一筋!

 

結婚相手の山口周平さんは父親似?

一青さんは、今年の4月にギタリストの

山口周平さんとの結婚を発表し、

同時に妊娠4カ月目に入った

ということも発表しました。

旦那様の山口周平さんとは、

約一年前に一青さんの

サポートギターとしての紹介で出会い、

亡くなった父親に重なる部分

持つ彼に惹かれ、結婚を決めたそうです。

両親を早くに亡くした一青さん。

温かい家庭を持つというのが

長年の夢だったそうなので、

元気な赤ちゃんを産み、

幸せな家庭を作ってほしいですね!

関連記事TBS「金スマ」でネガティブ・松岡修造がミュージカル風ドラマ挑戦!

 

まとめ

歌以外にも、女優としての顔を持つ一青窈さん。

2004年には映画『珈琲時光』

2012年には『役愛と誠』にも出演し、

演技でも高評価を得ており、

また、建築にも興味があり、

雑誌『ダ・ヴィンチ』では、著名な建築家との

対談などの仕事もこなしています。

悲しい過去を克服し、前向きに

挑戦し続ける一青さんのこれからにも、

注目が集まること間違いなしですね!

本業の歌では、7月29日に

カバーアルバム『ヒトトウタ』も発売になります。

「人への想い」にまつわる名曲の数々をカバーした

素晴らしいアルバムとなっていますので、

こちらも要チェックですね!

 

 

本日も記事を読んでいただきありがとうございます。

記事が良かったらSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

人気の記事