『アイアンマン』のロバート・ダウニーJr.は8歳から中毒だった!日本嫌いって本当?

マーベルコミック原作の映画『アイアンマン』

一躍人気者をなったロバート・ダウニーJr

写真引用:instagramよりスクショ

 

父親が映画監督で、5歳のときに

父親制作の映画に初出演し

キャリアをスタートさせました。

まずはプロフィールをどうぞ!

 

SponsordLink

 

ロバートダウニーJrのプロフィール

本名:Robert John Downey, Jr.

生年月日:1965年4月4日(50歳・2015年6月時点)

出生地:U.S.A(ニューヨーク州ニューヨーク)

職業:俳優

配偶者:デボラ・ファルコナー(1992年~2004年)

スーザン・ダウニー(2005年~)

父親は、アイルランド系・ユダヤ系の

映画監督ロバート・ダウニー・Sr

母親はドイツ系・スコットランド系の

女優エルシー・フォード

10歳を過ぎてから両親が離婚

13歳で父親とカリフォルニアに移住。

 

幼少の頃より依存症だった?

離婚のストレスもあったのでしょうか。

父親はひどい依存者だったらしく、

ロバートさんもその影響で依存症に。

ひどい父親です。

今だったら児童虐待で逮捕されますが、

昔は家庭に立ち入れるほど警察や保護機関も

権力がなかったのかもしれませんね。

残念ながら、

ロバートさんは8歳のときには

常習者となっていたそうです。

 

その影響と俳優業

ロバートさんは子役を続け、

17歳のときには高校を中退し

本格的に俳優業を始めます。

様々な映画に出演しアメリカで

人気の若手俳優となったロバートさんですが、

依存症からは抜け出せずにいました。

2000年の人気ドラマ『アリーmyラブ』では、

高い評価を受けていたにも関わらず、

所持をしていたことで逮捕され、

番組を降板せざるを得なくなりました。

1996年から2000年の30台前半を

依存症とその克服に費やしたロバートさん。

リハビリ施設などの手も借り、

2003年には決別

ロバートさんの演技力は高く評価されていたので、

依存症の悪いイメージが残っていても

オファーは絶えませんでした。

そして、2008年公開の映画『アイアンマン』では

主人公トニー・スタークを見事に演じ

映画界に返り咲きました。

関連記事『アイアンマン』ペッパー役・グウィネスパルトローは結婚と離婚を経験していた!

日本嫌いは本当なのか?

ロバートさんはジャパンプレミアのために

来日したことがあるのですが、

そのときの記者に対する返答から

「日本嫌いなのではないか?」

という憶測が立てられています。

エピソードをご紹介すると、

 

スポンサーリンク

 

ロバートさんがまだ日本で知られていない頃の来日で、

依存症での逮捕歴も相まって

入国管理局で長いこと足止めを食らった。

質素な部屋で何時間も待たされた。

15年後の来日の際も、

同じように何時間も足止めされた。

(噂では6時間……、凄すぎるッ!)

日本は依存症に対して非常に厳しく、

同様の理由でパリス・ヒルトンもアメリカに

送り返されていましたよね(笑)

緩いアメリカ人からしたら、

イラッとすることかもしれません。

しかし、

何時間も放置する日本の入国管理局も

どうかと思いますね。仕事が遅いというか、

何でそんなに時間かかる!?

って怒ってしまうのも無理はない気がします。

余談ですが、

ハワイの入国管理局も対応が

粗末すぎて有名ですよね。

これはおあいこって事で

片付かないでしょうかね…。

関連記事現在まで活動休止中だった元1DゼインがRCAレコードでソロ始動開始!

 

まだまだある日本エピソード!

禁酒していたのにも関わらず、

ジャパンプレミアで鏡抜き

させられたそうです。

日本に来ているのだから

日本のやり方でお祝いしたのでしょうが、

それがロバートさんにとっては

戸惑った出来事だったようです。

日本では「清酒」は神聖なもの

という解釈がありますが、

アメリカ人のロバートさんにとっては

ただのお酒

ただでさえ強い依存を持っていて

自分と戦っている最中なのに

お酒に関することをさせられるのは

かなり辛かったのでしょうね。

 

更に日本のレストランで牛肉を食べて、

食中毒も起こしたことがあるそうです。

そういうことを含め、

「日本には全然良い思い出がないのでもう行きたくはない。」

とおっしゃったそうです。

 

この発言から、

「ロバート・ダウニーJr.は日本嫌い!?」

とか

「ロバート・ダウニーJrは反日!?」

と言われ始めたようです。

日本好きのハリウッド俳優

世界的シンガーがいることは日本人として

嬉しいと思う一方で、

このように日本に悪いイメージを持ってしまって

残念になることもありますよね。

まぁでも、これだけ不運に見舞われると、

「来ちゃいけないんだ」となりますよね。(笑

 

まとめ

『アイアンマン』は日本でも本当に大人気の作品。

ロバートさんは完全に断ち切り

所持もしていないと宣言しているので

次回もし来日の機会があったときには

スムーズに入国し、

新鮮な牛肉を食べてほしいものですね!(笑

大人気映画『アベンジャーズ』の続編、

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

もとても面白く素晴らしい作品でした。

ユーモアたっぷりのトニー・スタークに

会えるのが楽しみですね!

関連記事アベンジャーズ・ソーのハンマー(愛称:ムジョルニア)がすごい!?

本日も記事を読んでいただき、ありがとうございます。

記事が良ければ、SNSでシェアしていただけると嬉しいです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

人気の記事