ITサポート事務がきつい理由!辞めたい、辛いのは仕事内容ではなく研修が実際ないことが多いから。

ITサポート事務という仕事は、現在のIT企業の発展に伴い、求人が多く出て来ていますよね。

ITサポート事務は業種的には「IT勤務」ということになり、魅力的な職種でITサポート事務に就きたい方も多いと思います。

しかし、ITサポート事務は聞こえが良くてもITの専門用語を使う事務職なので、「思ってたのと違った」「大変だった」ということも多いようです。

実際に、ITサポート事務という仕事には「きつい」「辞めたい」「辛い」というような声が上がっているのは確かです。

勤務している方の話を見てみると、「研修があるとという話の前提で入社したけれど、ほとんどなく、仕事が難しいし、きついしで、辞めたいと思う」ということも書かれていました。

しかし、ITサポート事務は、事務職の中では比較的新しい業種ではあります。そのため、「辛いから辞めたい」という声がさほど大きいわけでもありません。


そこで、ITサポート事務について、どんな仕事内容で、どんなことが原因で「きつい」「辞めたい」「辛い」ということが言われてしまうのか、見て行きます。

そして、実際にITサポート事務のどんなところで「きつい、辞めたい、辛い」と感じたのかだけでなく、ITサポート事務に向いている人についても、まとめました。


 

スポンサーリンク

ITサポート事務「きつい」「辞めたい」のは研修がないことが多いから

「ITサポート事務はきつい」「辞めたい」「辛い」

そんな風にこぼしている方もいますが、なぜITサポート事務はそんなにきつい辞めたい仕事だと書かれたりするんでしょうか。

実際に「きつい」「辞めたい」「辛い」と書かれる理由について調べてみると、これが原因の一つなのではないか、という事柄について浮かび上がってきました。

それは「仕事内容では、研修があると募集の時点で書かれていたのにもかかわらず、一切研修がない」ことがあるということです。

実際に口コミでも多く書かれている

ITサポート事務について調べていると、これについて挙げている方が本当に多かったです。

実際のITサポート事務についての口コミを調べてみると、このようなことが言われていました。


2月に入ったIT系の事務を退職したいです。事務もITも未経験でしたが、「研修もするし大丈夫です」と言われ安心していました。しかし、実際は研修はなく…。自助努力でやらなければいけないことが多過ぎて、どうしようもないです。


IT系の仕事が難しすぎます。研修もない中、未経験でIT事務の仕事に採用されました。しかし、2週間経った時点でも何もわからず、1ヶ月が経った現在、本当に辞めたいです。すぐに辞めたかったですが、上司には「早い。少し頑張れ」と言われ…。辛いです。


このように、ITサポート事務を「辞めたい」という意見には、「研修が実際はない」「仕事内容が難しい」ということが書かれていました。

とにかくITの専門用語が難しい

そもそも一般的な事務職であっても、きちんと研修の期間を設けて仕事内容を教えてもらわないと、四苦八苦しますよね。

しかし、ITサポート事務では、未経験で採用した場合でも、企業側からの研修は必要最低限となっていることが多いです

そして、ITサポート事務の口コミを見ていると、研修がほとんどなく、一番はじめから自分1人でこなさなければならない仕事内容となっていることが多く、その仕事内容もIT業界で使われる専門用語が多くあり、難しいようです。

IT業界ではエンジニア自体、仕事量が多く、稼げはしますがとにかく仕事の拘束時間が長い、ということで有名です。

ただ、ITサポート事務もエンジニアと同じく残業が多くなるということはなく、基本的に就業時間での拘束が多いことはないようです。

それでも、質問しようにもそもそもIT業界での専門用語が分からず、そこから自分で勉強したとしても、よほどIT関係に元々詳しくない限り、ちんぷんかんぷんのままになってしまうようです。

ITサポート事務に必要な基本的な研修すら最低限なので、意味が理解できず、それに対して「きつい」「辛い」「辞めたい」という声が上がっていました。

アドバイザー
未経験OKなのにほぼ研修がないまま勤務させるブラック企業も多いようです。入社前に、企業についてしっかり調べ上げてから進めていくことがとても重要になります。

ITサポート事務「辛い」のは職務環境が酷だから

また、ITサポート事務が「辛い」と言われる原因の一つは、職務環境が酷だから、ということも挙げられます。

ITサポート事務として勤務することになった時、入社する会社ではなく、基本的にお客さまのシステム開発の現場に常駐して業務することになります。

派遣(出向)先が思っていた職場環境ではなく、常駐するお客さまの企業によっては仕事内容が「きつい」「辛い」となることもあるようです。

アドバイザー
ITサポート事務の仕事では、全体の大体95%はお客さまの企業への派遣、出向での勤務となります。

そして、ITサポート事務では、派遣されて勤務する形なので、評価される機会が非常に少ないということも「辞めたい」となってしまう原因の一つです。

ITサポート事務は、仕事内容が専門用語ばかりで難しいだけでなく、どんなに頑張っても、評価してくれる上司が近くにいません。

そのため、評価される機会が非常に少なく、頑張っても誰も評価してくれないことに不満を持ちがちです。

 

ITサポート事務の仕事内容ではクレーム対応も辛い!

続いて、ITサポート事務の仕事内容について見て行きましょう。

PCスキルは中級レベルあればベスト

ITサポート事務は、名前の通り一般的な事務職よりもエンジニア感の強い仕事内容となっています。

ITサポート事務の主な仕事内容はこちら


  • 書類作成
  • メールや電話の対応
  • PCやモバイル端末の初期設定や組み立て
  • 操作テストの手伝い
  • 社内のネットワークの設定
  • ソフトウェアのインストール
  • IT製品のマニュアル作成
  • 会議の議事録作成

このように、一般的な事務職よりも、PCスキルの必要な職種となっています。ただもちろん、派遣、出向した勤務先によって、ITサポート事務の仕事内容に違いはあります。

ITサポート事務の仕事内容を見てもわかるとおり、PCスキルは一般的な事務職と同様に必要です。

しかし、PCスキルでは、ITサポート事務なので中級レベルまであるのがベストです。未経験でも、WordやExcelの知識はしっかりあると基本的な仕事内容でつまづくことも少ないでしょう。

ITサポート事務はクレーム対応が多い業種

そして、ITサポート事務での仕事内容で、一番「きつい」「辛い」かもしれないのが、システム開発・運用での問い合わせのサポートです。

一般的な事務職でもクレーム対応のお仕事はありますが、ITサポート事務の場合、それらクレームがシステムに関してのものになるので、慣れるまではかなり大変のようです。

謝罪する場面も多くあり、元々クレーム対応が苦手な人にははじめは大変に感じることもあるでしょう。もちろん、クレーム対応には慣れもあります。

しかし、「ガジェット系が好きだからITサポート事務になった」「PCを触っているのが好き」「人と話すのは苦手」という方には、やや難ありかもしれません。

アドバイザー
クレーム対応も、慣れてさえしまえばこなせるようになりますが、仕事内容では「きつい」「辛い」と思うことになる場面ではありますね。

 

ITサポート事務|求人内容から「きつい」「辛い」を読み取る能力が必要

何よりも、ITサポート事務では、求人の内容が曖昧だったり、勤務先が本社ではなかったり、ということがあります。

そのため自分の希望通りの仕事内容・就業形態となるように、求人内容から「きつい」「辛い」仕事内容ではないか読み取ることが大切です。

ITサポート事務の募集でも、曖昧な表現での求人をかなり見かけます。内容的にITサポート事務以上の仕事内容を要求している場合もあります。

面接時には、曖昧になっている仕事内容をしっかりと確認して、勤務する場所や形態がどのようになっているのか質問しましょう。

ITサポート事務の仕事は、採用された会社での勤務ではない場合が多く、派遣や出向の場合がほとんです。

また、正社員として採用と書かれているはずなのに、雇用形態について曖昧さを残している企業もあります。

アドバイザー
採用されて仕事についてから、仕事内容で「きつい」「辛い」そして「辞めたい」となってしまわないように、事前に曖昧な部分をきっちりしつつ、面接を進めてくださいね。

ITサポート事務はエンジニアに転職したい方におすすめ

ITサポート事務には「きつい」「辛い」「辞めたい」という声が寄せられています。

しかし、仕事内容についてしっかり把握して、ITの専門スキルを身につけていけば、必ず身になる職業です。

そして、ITサポート事務は、年収の高いエンジニアへ転職したい方には本当におすすめの業種です。キャリアアップなら、ITサポート事務です!

エンジニアの仕事はこれからもなくなりませんし、今一番食いっぱぐれのない職業と言っても過言ではありません。

ITサポート事務は年収アップの第一歩

そんなITサポート事務は、基本的にこのような方にとてもおすすめの業種ですよ。


  • ガジェット系が好きでWEB系分野で働きたい方
  • IT関係に興味があり、PCスキルに自信のある方
  • ITに強くなり、手に職をつけたい方
  • キャリアアップして年収アップを目指したい方
  • ITの専門知識にも興味を持ち自ら勉強できる方
  • 人をサポートするのが好きな方
  • クレーム対応などで必要な対人スキルがある方

このような方に、ITサポート事務は非常に向いています。

その一方で、当たり前ではありますが、そもそもPCが苦手だったり、人と喋ることが苦手だったりする場合は、ITサポート事務は難しいかもしれません。

そして、事務のような単純な繰り返しの作業が苦手だったり、派遣先での客先常駐がほとんどということが嫌いだったりする方にも、向いていないかもしれません。

ITサポート事務をやってきた人は転職しやすい!?

ITサポート事務の仕事内容では「きつい」「辛い」と感じ「辞めたい」と思う方もいます。

しかし、ITサポート事務は、クレーム対応やITの専門用語を多用する業種ということで、ITサポート事務で働いて来たということは、転職では有利です。

ITサポート事務の仕事を「きつい」「辛い」「辞めたい」と思った時には、別のもっと良い条件のITサポート事務へ転職することもおすすめです。

また、ITサポート事務は合わなくて「キツすぎる」「辞めたい」と思った方も、転職を視野に入れましょう。

ITサポート事務が「自分に合わない・研修がなくずっと手探り」という場合、ずっと1人で孤軍奮闘しながら勉強しなければいけません。

エンジニアへのスキルアップを目指しているわけでもないのに、ずっとお給料以上のものを求められるのは非常に酷です。

それだったら、もっと自分に合う、一般事務職だったり、もっと別の簡単なITサポートが仕事内容であるITサポート事務を探してみてください。

最新情報をチェックしよう!
>脱毛サロンランキング

脱毛サロンランキング

本当に女性のためになる脱毛サロンを紹介しています。当WebMediaの脱毛サロンランキングを覗いてみて下さい。

CTR IMG