自分にできる仕事がわからない女性は、注目の資格や転職でスキルアップがおすすめ!この順番でチェックしよう!

男性に限らず女性でも「自分にできる仕事がわからない」「自分の取りたい資格や転職方法がわからない」ということが、よくありますよね。

しかし、女性だと、結婚や出産が人生の転機なることも多く、今までやっていた仕事を辞めざるを得なくなり「自分にできる仕事がわからない」という悩みになることも多いはずです。そんな「自分にできる仕事がわからない」となった時に、強くおすすめしたいのが穴場の資格や転職でのスキルアップです。

そこで、自分にできる仕事がわからないという時の解決策を3つほどを挙げていくと共に、注目の女性におすすめの資格について、まとめました。もちろん、女性の転職を有利にする必勝法についてもしっかり確認して行きましょう。

新しい資格を取ったり、転職したりする時は「自分にできる仕事がわからない」という憂鬱な気持ちだけでなく、心配、不安、といった不安定な気持ちも抱えてしまいますよね。しかし、これから読んでいくうちに、資格や転職の問題が解決して、気持ちがスッキリしていくはずです。


「自分にできる仕事がわからない」「見つからない」という女性は、読み進めていって、資格や転職に対して前向きな気持ちをゲットしてくださいね。


スポンサーリンク

自分にできる仕事わからない女性は3種類のことから始めよう!

「自分にできる仕事がわからない」けれど「自分にできるなんとか仕事を見つけたい!」そんなことを考えている女性は、まずは3種類のことを始めて、人生に新しいことをプラスしましょう。

変化がなければ、現状を変えることは不可能です。白馬の王子様や、運命を都合よく良い方に転がしてくれる神様はいません。だからこそ、自分から新しい一歩を踏み出すしかないんです。「自分にできる仕事がわからない」時、やってみて欲しい3種類の第一歩がこちらです。


  1. 仕事に関係したSNSを始める
  2. おすすめの資格スキルをチェックする
  3. 転職サイトに登録し隈なく調べる

手っ取り早く、スマホひとつで人生を変える第一歩が、こちらの3つです。

何気なくおうちでダラダラ〜とする時間が、女性でもあったりしますよね。そんな時、大好きなコスメやおしゃれを検索すると同時に、こちらのことも始めてみて下さい。自分にできる仕事がわからないなら、すぐに始められることから早速始めましょう!

 

①自分にできる仕事がわからないなら、SNSから始めてみる

自分にできる仕事がわからない時、おすすめなのがSNSで仕事についての情報を探すことです。

TwitterやInstagramをはじめとしたSNSでは、資格などを取り仕事で活躍している女性がものすごく多いです。PinterestやTikTokでも、得意なことを発信してそれを仕事につなげている女性もよく見かけますよね。

誰だって、得意なことは絶対にあるはずです。まずはそれを見つけることが、仕事がわからない時に資格や転職を探す糸口になります。その糸口が、何気なく見ているSNSに実は非常に多く転がっています。

特にSNSの中でもTwitterには、各業界の資格を持つ女性や、自分で事業を立ち上げた女性社長などが多くいます。その女性の先輩から、学べることはたくさんあり、仕事がわからない時に、何かピンっと来るものを見つけやすくなります。

また、資格を取ったり、好きな仕事に転職して充実した生活を送っている女性を見るだけでも、自分の頑張れる活力になったりします。もちろん、人を真似することは成功には重要なポイントなので、資格や転職で成功した女性のSNSから、盗めるものがとことん盗んでしましいましょう!


しかし、自分にできる仕事がわからない時にそういった他人の仕事ばかり見ていると、劣等感に苛まれることもあるかもしれません。


ですが、そんな瞬間こそが変わり目です。

実は、人は、自分のできそうなことで成功している人にしか、劣等感を感じないものなのです。つまり、SNSの情報をチェックしてて気に止まった人がいて、その人の投稿を見てると劣等感で嫌な気持ちになる…という時、それは実は、その人が自分でも出来そうな、自分の得意なことをやっているから、かもしれないんです。

そこから、自分にできる仕事がわからないと思っていた自分の悩みを解決することができます。その人の投稿を見た時、「あれ、これもしかして、私にもできるかもしれない」と思いませんか。そう気づいた時こそ「自分にできる仕事がわからない」という状態から脱却できる時です。

まずは、「自分にできる仕事がわからない」という状態を見つめ直して、自分のできそうな仕事、得意なことから挑戦して行ってみて下さいね。そうすることで、自分の中にある小さくても光る可能性が見つかります。

まずSNSの特徴を知ろう

色々なSNS登録していると、それぞれのSNSの特徴が見えてきます。そして、自分の得意なSNSも見つかるはずです。

自分にできる仕事がわからない状態から「これだったら私もできそう」となったら、得意なSNSで情報を見つけつつ、自分の情報も発信していくと、自分に合う資格や転職の情報が更に転がり込んでくることもあります。

SNSを上手く活用して、真剣に向き合ってみましょう。

 

②自分にできる仕事がわからないなら、おすすめの資格スキルをチェックする

自分にできる仕事がわからない時、①の時にも書きましたが、自分が興味があることを知ることから始める必要があります。それがやりがいのある仕事に繋がり、自分のできる仕事となっていく一歩となります。

SNSとやっている女性の中では、資格スキルを使って転職、もしくは自分で事業を始めている方も多いですよね。そんなおすすめの資格スキルの中で、自分にもできそうな仕事をチェックしながら、興味のあることを見つけて行きましょう。

世の中には、楽しそうな、やりがいのありそうな仕事がすごく多いんです。


自分にできる仕事がわからない時は、転職にも活かせる資格スキルを色々と調べてみましょう。


例えば、女性だったら事務職の仕事をやりたいという方が多いですよね。

事務職ならば、パソコンスキルは必須条件です。逆に言うと、必要なパソコンスキルの資格さえゲットしてしまえば、転職の時にはかなり有利な立場で転職をすることが可能になります。

事務職で転職で有利になるパソコンスキルの資格なら、やはりマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)はハズせませんね。MOSは、マイクロソフトの【ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス・アウトルック】の基本操作をマスターする資格です。

MOSは事務職への転職を目指す女性だけでなく、パソコンスキルを上げたい40~50代の男性女性にも注目される資格となっています。パソコンスキルをあげて、仕事での転職に活かしたいなら、取っておきたい資格になりますよ。


自分にできる仕事がわからない時、このように転職に活かせて、なおかつ自分の興味のある資格をゲットしておくことが大切です。

そして、意外によくあることが「苦しむことこそ仕事」と思っている女性も少なからずいる、ということです。しかし、それは大きな間違いです。苦手で嫌いな仕事を続けることは体に毒であり、自分を傷つける行為です。

どんなに頑張っても、人には向き不向きがあります。自分にできる仕事がわからないあなたは、今、自分に向いていないことや、人からやらされてきたことを何となくやってきた、という自覚がありませんか。

しかし、それが「なんか違うな」「もっと自分らしい仕事ないかな」と思ったから、今、仕事について考えているんですよね。そんな、自分にできる仕事がわからない時にこそ、目を開いて自分に向いている仕事を探すべき時です。


例えば、自分に合う資格を見つけるなら、まずは資格のキャリアスクールを見つけてみることもおすすめです。

キャリアスクールでは、同じ資格やスキルを取り一緒に頑張れる仲間もいます。続けられる秘訣にもなりますし、心の中でライバルだと思って頑張ることも、負けず嫌いさんにはおすすめの資格取得での頑張り方法ですよ。

また、自分1人だけで資格勉強を頑張っていくのはかなり大変なことです。しかし、キャリアスクールなら、決められたコマで資格スキルを学ぶことができます。「1人だとモチベーションが上がらない」という方でも、最後までしっかりと頑張り抜くことができます。

とにかく、自分にできる仕事がわからないなら、資格を色々と探してみて、そこからその資格を取れるキャリアスクールを探す、というのが、次へ進むためのステップですね。


  • 仕事で喜びを感じられない
  • 今の仕事を続けるのは虚しい
  • 自立した女性になりたい
  • やりたいことを見つけたい
  • 仕事でやりがいを見つけたい
  • キラキラした毎日にしたい

そんな風に悩んでいた「自分にできる仕事がわからない」という女性は、今すぐに資格やキャリアスクールをチェックしましょう!

 

③自分にできる仕事がわからないなら、転職サイトに登録し隈なく調べる

そして、自分にできる仕事がわからない時に取り組みたいこと3つ目が、転職サイトをチェックすることです。

どんな求人が募集されていて、どんな職種が求められているのか。それを知ることは、自分の知っている仕事以外の職種を見つけることにつながります。そこから、自分のできる仕事への視野がどんどん広がって行きます。

例えば、事務職の仕事をずっとしていると「事務職の仕事を続けているけれど、自分にできる他の仕事はないのだろうか」と思うこともありますよね。そんな時には、転職サイトに登録して流れてくるおすすめの求人情報をチェックしてみるんです。


様々な転職サイトや派遣サイトに登録していると、事務職以外の興味をそそる仕事の情報がどんどん舞い込んで来ます。

日々新着で求人のメールが届き、そこから新しい求人の情報を見ることができます。そこで、「この仕事、気になる!」となるような興味のある仕事に出会うことができるんです。


また、その仕事に勧められる資格スキルについても、求人情報には掲載されていますよね。

そこで、興味のある仕事を転職サイトで見つけたら、その仕事に必要な資格を取ることをおすすめします。それが、自分にできる仕事へ転職するための第一歩になります。

このように、「自分にできる仕事がわからない」という時には、知っている仕事の範囲を広げるために転職サイトに登録してみることが、自分にもできる仕事を見つけるのに非常におすすめです。そして、興味のある仕事を見つけた際に、すぐに転職へ進める近道ともなってくれます。

無料で登録できる転職・求人サイトもあるので、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

女性の仕事につながる資格スキルを5つ!転職も有利に

自分にできる仕事がわからない女性に、仕事を探す方法を3つ挙げてきましたが、②でお話しした資格について掘り下げて行きます。

女性でも男性でも、やはり資格がると転職も有利に進んでいきますよね。そこで、女性の仕事につながるおすすめの資格スキルについて見て行きましょう。女性の就職や転職に強い、注目の資格を5つまとめました。

今から挙げる5つの資格スキルは、女性が就職や転職をする時に、自分への自信にも繋がる資格です。もちろん、自分にできる仕事がわからない時に、とりあえず取っておきたい資格でもありますよ。自分にできる仕事がわからない時には、一番に確認しましょう。

では、そんな女性におすすめの5つの資格を見て行きます。女性におすすめの5つの資格がこちらです。


  1. ファイナンシャルプランナー(FP)
  2. マイクロソフトオフィススペシャリスト
  3. 日商簿記2級
  4. 介護職員初任者研修
  5. 登録販売者

 

①ファイナンシャルプランナー(FP)は相談者の資金計画をサポートする専門家

一つ目は、ファイナンシャルプランナーです。FPと呼ばれる資格ですね。

ファイナンシャルプランナーは、相談者の家計の収入や支出、不動産や貯金などの財産などのデータを分析して、資産設計のアドバイスをおこない、実際にそれを進めていくための援助をする仕事です。相談者の将来に関わるお金の仕事なので責任重大ですが、とてもやりがいのある仕事です。

例えば、家計に占める保険の支払いの割合が多すぎる場合、その保険を減らしてもっとお手頃で良いプランの保険の採用をアドバイスしたり、家族間での贈与に関しての税金面でのアドバイスをしたり、ということが仕事内容になってきます。

ファイナンシャルプランナーは比較的取りやすいです。しかし、数字を使うことが多いので、「数学が大の苦手」という女性には向かないかもしれません。それでも、ここ最近では女性にかなり注目の国家資格となっています。


FPは、保険、証券会社、不動、銀行といった業界でとても役に立つ資格です。こういった業界に興味がある方に、おすすめの資格になりますよ。


 

②マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、マイクロオフィスの製品であるワードやエクセルなどのパソコンスキルを客観的に証明する資格となります。

先ほど「自分にできる仕事がわからない」という時におすすめの方法で2つ目の項目で紹介した資格ですね。こちらも事務職としてもっとパソコンスキルをあげたいという女性に注目の資格スキルとなっていますよ。

ちなみに、MOSは会社に入ってから取らなければならない資格スキルにしている会社もあります。そして、マイクロオフィスは国際的な製品なので、MOSも国際的に通用する資格です。海外での就職を目指す・もしくは海外への転職を考えている女性にも必須の資格ですね。


パソコンスキルは今の時代、必須で、持っていれば絶対に有利になる資格です。自分にできる仕事がわからない時に手始めに取る資格なら、MOSですね。


 

③日商簿記2級は経理職でも有利になれる資格

日商簿記2級は、事務職だけでなく経理職でも、転職や就職で有利になる資格です。

一般事務だと比較的年齢制限があり、若い年齢の方が採用されやすいですよね。しかし、経理事務では別です。経理事務は、一般事務よりも持っている資格やキャリアが大きく重視されます。それだけ、手に職感の出る資格となります。


日商簿記2級も、①のFPと同じく、数字に強い女性におすすめの資格です。家計簿の管理が超得意!という女性は、本当にピッタリの資格なので早速チェックしてみてください。


 

④介護職員初任者研修は未経験でも挑戦しやすい資格

介護職員初任者研修は、在宅・施設問わずに、介護をする上で必要な基本的な知識や技術を習得する研修です。介護資格にはケアマネージャーや介護福祉士などの資格がありますが、介護職員初任者研修はそんな介護資格の中でも入門的な資格となります。

介護職員初任者研修は未経験でも取りやすく、最短で1ヶ月で取ることも可能です。そして、介護職員初任者研修を取っておくと、転職や就職でも有利ですし、給与の面でも優遇されることもあります。

日本は高齢化が進んでいますが、介護の現場はまだまだ人手不足。そのため、介護職の求人は多いです。将来の転職や就職でも、介護の資格を取っておくと、職がなくなるという心配はしなくても良いかもしれません。


介護職員初任者研修は、スクールに通い終了試験に合格することで取得できます。気になる方は身近のスクールを検索してみてくださいね。


 

⑤登録販売者はドラッグストアで勤務しながら取れる資格

登録販売者は、今まで薬剤師にしかできなかった第2類と第3類の医薬品を販売するのにあたり、お客さまのカウンセリングして実際にお客様に販売するのに必要な資格です。

ただし、ドラッグストアで取り扱っている医薬品の中でも、もっとも副作用の強い第1類医薬品についてのカウンセリングや販売はすることができません。第1類医薬品は、薬剤師のみ販売することが許されています。

ですが、登録販売者の資格があることで、就職や転職で有利になることはもちろん、給与の面でも優遇されることが多いです。

ドラッグストアだけでなく、コンビニやホームセンターでも、登録販売者の資格者を置くことで第2類と第3類の医薬品を取り扱うことができます。そのため、それら店舗での登録販売者の求人が増えています。


登録販売者の資格には2年間の実務経験が必要ですが、ドラッグストアなどで勤務しながら登録販売者の資格取得を目指すことができます。そのため、ドラッグストアなど、医薬品を扱う店舗においてパートで働く女性にもおすすめの資格となっています。


自分にできる仕事がわからないなら、まずスマホで情報収集しましょう!

自分にできる仕事がわからない時、おすすめの方法は【①SNSを活用②資格をチェック③転職サイトで情報収集】でした。

ちなみに、SNSでの情報収集もおすすめですが、SNSでの情報発信もおすすめです。好きなことを発信することで、それが仕事に繋がることもよくあります。副業や女性の企業も、今の時代なので考えておくことも良いですね。

そして、おすすめの資格も5つ挙げてみました。おすすめの資格の中で、すでにピンと来ている女性の方も、もしかしたら多いのではないかと思います。注目の資格なので、気になる方はすぐに資格サイトや転職サイトでチェックしてみてくださいね。


自分にできる仕事がわからない、そんな時は、まず自分の視野を広げて、自分の得意なこと、好きなこと、出来そうなことから始めてみましょう。「なんとなく仕事をしてる」「このままでも良いはずない」そう思ったら、新しい楽しいことに一歩、踏み出しましょう。


資格を取得することは、転職にも活かせますし、給与の面も嬉しい優遇があることが多いです。

そして、資格は、年を重ねて行っても、有利に働き続けることができるための武器になってくれます。資格取得を目指して、それが叶い、就職や転職をした時、自分の資格取得がいかに素晴らしいことだったかと思い、自信を持てるようにもなります。

給与がしっかりあり、自信も持てると、自然に人生に対する向上心も出てきて、仕事だけでなく生活面でも生き生きしてくるものですよね。自分にできる仕事がわからない、という気持ちが、もう理解できない自分になっているかもしれません。

ぜひ、SNSや資格のサイト、転職の情報を調べてみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>脱毛サロンランキング

脱毛サロンランキング

本当に女性のためになる脱毛サロンを紹介しています。当WebMediaの脱毛サロンランキングを覗いてみて下さい。

CTR IMG