花粉症で鼻むずむずが止まらない!薬よりもれんこんと乳酸菌で対策!

1月から4月は鼻のムズムズが

止まらないという方、多いですよね!

多くの人が花粉症の影響で、

鼻むずむずと戦っています。

花粉症の市販薬に頼ってしまう前に、

れんこん×乳酸菌(ヨーグルト等)で、

自己免疫力を高めてみましょう!

 

なぜれんこんがいいの?

NHK『あさイチ』やTBS『はなまるマーケット』で

鼻ムズムズ対策にれんこんが効くと

放送されてから話題になっています。

この蓮根に含まれている

ポリフェノール(タンニン)とムチンに注目です。

れんこんを調理する際には『アク抜き』をします。

れんこんの灰汁は不味成分であり、

実はこの”アク”がポリフェノールの一種で

抗酸化作用のあるタンニンなのです。

この抗酸化作用の中には抗アレルギー作用もあり、

ここが花粉症に効くと言われている部分です。

更にオクラや山芋にも含まれているムチンは、

れんこんにも含まれています。

人間の胃腸や鼻の粘膜の主成分がムチンであり、

ムチンが粘膜の働きを高めてくれることで、

体のガード機能が強くなります。

更にこのムチンとれんこんの食物繊維の

整腸作用で腸内環境が整います。

近年の研究で腸内環境の善悪が健康のカギを

握っていることがわかったようです!

関連記事腸内フローラのwiki。善玉菌を増やすには、発酵茶とバナナ、ごぼうが効く!?

 

乳酸菌が必要な訳は?

乳酸菌が必要な理由は、

腸内環境を整える為です。

整腸作用のあるれんこんと乳酸菌を

同時に摂取することで相乗効果が期待でき、

抗アレルギー作用を高めてくれるのです。

 

 

お手軽さが何よりいい!

れんこんと乳酸菌といえば、

スーパーで入手可能ですよね!

乳酸菌を摂取したいのであれば、

ヨーグルト等を買えば解決です!

れんこんが売ってないスーパーは、

なかなか見当たらないでしょう。

ちなみにれんこんを調理する際は、

熱に通しすぎないようにしましょう。

大事な成分であるムチンは熱に弱いのです。

更に水溶性の成分であるために、

汁と一緒に食べれるように調理するのがベスト。

お正月によく食べる”煮しめ”なんかは、

ゴボウも蓮根も入ってて結構体にイイです。

 

実は存在する蓮根のサプリ

もう調理するのがメンドクサイ!

という方のために、蓮根のサプリメントを

見つけてきてみました。

れんこんでスッと

れんこんでスッと
価格:5,184円(税込、送料別)

れんこんの他にバラの花びらエキスと

シソの実エキスが配合されており、

それぞれポリフェノールの一種である

『オイゲニイン』と『ルテオリン』が

含まれています。

ちなみにれんこんと乳酸菌の相性が

いいということを発見した埼玉医科大学の

和合教授と日本アレルギー応用研究所が

共同開発した『蓮のちから』という

健康食品も出回っているようなので、

チェックしてみてもいいかもしれません!

ちなみに価格を比べてみると、

『れんこんでスッと』が4800円+税と

安く試すことができます!

 

まとめ

日常の食生活でも摂取できる乳酸菌と

れんこんが花粉症の対策になるということで、

是非試してみてください!

本日も記事を読んでいただき、ありがとうございます。

記事が良ければ、SNSでシェアしていただけると嬉しいです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

人気の記事