僕のヒーローアカデミア|ネタバレと感想

【僕のヒーローアカデミア】214話ネタバレ!乱戦の第5セット!!

僕のヒーローアカデミア|ネタバレと感想

 

213話ではワン・フォー・オールが成長していることデクが過去の継承者たちの個性をいずれ発現することが語られました。そして、対抗戦第5セットは中止になることなく続行しています。

この214話では、乱戦の様子とデクと心操の戦いが主に描かれます。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】213話ネタバレ!ワン・フォー・オールの変化の秘密!!

 

 

僕のヒーローアカデミア214話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

大乱戦

A組B組両チームともに全員やる気であることから続行を決める相澤。

 

心操が目の前にいる今が勝つチャンスだと考えるデク。リスクを考えて”個性”を使えないというデクですが、”無個性”で戦うつもりもないようです。

そして、お茶子に作戦を伝えるデク。

 

人数が不利な中、庄田を中心としたB組の3人と個性の連携で渡り合っている芦戸と峰田の2人。

しかし、峰田は戦闘中でも下心丸出しです。

 

デクに触れていた物間がワン・フォー・オールをコピーしデクに襲い掛かりますが、ワン・フォー・オールは発動せずにお茶子に捕まります。

 

デクVS心操

お茶子の個性で心操の懐に潜り込むデク。

心操は体育祭の時とは違うとデクに語り掛けます。

 

イレイザーヘッドとの捕縛武器の訓練を思い出す心操。

相澤自身は物になるまで5年かかっていますが、ノウハウがあるため心操が訓練すればきちんと捕縛武器を扱えるようになると考えているようです。

 

心操は捕縛武器を使って周りの配管を利用してデクを攻撃します。

 

継承者の話を聞き不安が晴れていたデクは「黒鞭」を使用し、配管による攻撃を防ぎます。

 

 

僕のヒーローアカデミア214話の感想・考察

デクの不安

夜中にワン・フォー・オールが暴走したこともあり、”個性”を使うことに不安を感じていたデク。しかし、過去の継承者と話したことにより不安が晴れて「黒鞭」を使用しました。

これはデクが気持ちをコントロールできている証ではないかと思います。

不安も怒りと同様に雑念だったということではないでしょうか。

 

「黒鞭」は使用しましたが「ワン・フォー・オール」を第5セットの中で使うのかも気になります。

 

第5セットの展望

この第5セットでは、まだ誰1人捕まっていません。デクが新たに使えるようになった「黒鞭」は捕獲に向いていそうな個性なので大いに活躍するのではないかと思います。

 

また、物間の考えていた作戦はデクの個性をコピーするというものだったようでしたがうまくいきませんでした。

 

これは、ワン・フォー・オールが特殊な個性だからだと考えられます。何故かはわかりませんが、物間自身も失敗する可能性を考えていたようです。

 

デクと心操の戦いの行方も気になりますが、チームとしてどちらが勝つのかも気になります。せっかく新しい力を得たのでデクが活躍するのではないかと思います。

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】213話ネタバレ!ワン・フォー・オールの変化の秘密!!

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】215話ネタバレ!対抗戦第5セット決着!!