僕のヒーローアカデミア|ネタバレと感想

【僕のヒーローアカデミア】215話ネタバレ!対抗戦第5セット決着!!

僕のヒーローアカデミア|ネタバレと感想

 

214話のラストで心操の攻撃を新たな”個性”である「黒鞭」を使って防いだデク。

この215話ではデクのワン・フォー・オールの暴走により混乱していた対抗戦第5セットがついに決着します。

どちらのチームが勝利を収めたのでしょうか。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】214話ネタバレ!乱戦の第5セット!!

 

 

僕のヒーローアカデミア215話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

まだ使うことができない力

力に対する恐怖心が亡くなり、原点を思い出すことで自信を持つデク。

 

デクの使っている個性を見て対抗戦を止めようとする教師たちですが、デクの変化に気づいたオールマイトが待ったをかけます。

 

突然「黒鞭」が消え痛みを感じるデク。完全にワン・フォー・オールを扱えなければ使えない力であることを体感で感じ取ります。

 

洗脳にかけるのは難しいと判断し、心操はデクから距離を取ろうとします。

 

脇役の戦い方

お茶子にぐるぐる巻きに縛られ牢へと運ばれている物間。

物間は運ばれる途中、お茶子に対し自分の個性に関して様々なことを話しますがお茶子は洗脳がコピーされていることを警戒し口を開きません。

 

物間は牢に入れられる直前に”解放ー!”と叫び、脇役の最後っ屁だと言います。

 

第5セット決着

乱戦に持ち込むため柳たちのほうへ逃げる心操。

デクが追いつきそうになりますが、庄田の個性をコピーしていた物間による攻撃でよろめきます。

 

峰田が庄田につかまり劣勢になる芦戸。

観戦している生徒たちはB組の逆転を感じますが、デクはあきらめていません。

 

柳と小大を隠れて近づいたお茶子が倒します。

庄田を芦戸がデクが心操を倒し第5セットが決着します。

 

 

僕のヒーローアカデミア215話の感想・考察

対抗戦第5セット

A組の勝利で対抗戦第5セットが終わりました。デクの暴走でどちらも当初の思惑とは違った展開になったうえに結果だけ見ればA組に圧勝でしたが、B組のメンバーもそれぞれの良さが出ていたと思います。

216話ではこの第5セットの講評が教師たちにより行われると思いますが、デクが新たな個性についてどのように誤魔化すのか、誤魔化しきれるのかが気になります。

 

新たな個性

ワン・フォー・オールの歴代継承者の個性まで使えるようになるとデクが強くなりすぎると感じていましたが、すぐに使えるというわけではないようなので安心しました。

 

「黒鞭」を使えるようになったデクですが、これからも基本的にはワン・フォー・オールを使って戦っていくのではないかと思います。

他の5つの個性がどのようなものなのかも気になりますが、デクにとってはワン・フォー・オールの最大出力を上げていくことが大事なことだと感じました。

 

次回はまだ第5セットの講評が行われると思いますが、対抗戦もすべての試合が終わったので今後どのような授業や事件があるのか楽しみです。

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】214話ネタバレ!乱戦の第5セット!!

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】216話ネタバレ!対抗戦終了、心操の今後は!?