僕のヒーローアカデミア|ネタバレと感想

【僕のヒーローアカデミア】216話ネタバレ!対抗戦終了、心操の今後は!?

僕のヒーローアカデミア|ネタバレと感想

 

215話では、新たな個性である「黒鞭」が使えずとも機転を利かせて勝利を収めたデクたち。

この216話では、第5セットの講評が行われ心操の今後についても話が及びます。

デクや心操に成長が見られ、性格に難がある物間について何らかの動きがありそうな気配があります。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】215話ネタバレ!対抗戦第5セット決着!!

 

 

僕のヒーローアカデミア216話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

A組の勝利

自分が成長したところを思うように見せられずに悔しいと感じると同時にヒーロー科の人間はすごいと感じる心操。

 

第5セットがA組の勝利であることを宣言し、総合成績でもA組3勝B組1勝と1引き分けで対抗戦がA組の勝利であることを告げるミッドナイト。

 

第5セットの講評

講評が始まり、まずデクに試合中に起こったことが何なのか訊ねる相澤。

周りの生徒たちも疑問に感じています。

 

本当のことは言えませんが、誤魔化しきれないと思い言える範囲で正直に話すデク。

その話の中で暴走を止めてくれたことをお茶子と心操に感謝します。

 

お茶子はデクのために飛び出していましたが、心操はデクのためというより自分のことで精いっぱいだったと語ります。

 

ヒーロー科編入

そんな心操の首を締める相澤。

訓練を積んできたヒーロー科の人間と同じようにできないことは当然でこの日の動きは充分及第点であることを告げます。

 

そして、十中八九二年生からは心操がヒーロー科に編入されるであろうと言ことを話すブラド。

 

いつものように負け惜しみのようなことを話す物間。そんな物間の様子を見て物間が言っていた”スカ”という言葉の意味が気になるデク。

 

そして、相澤は物間に明日エリちゃんのところへ来るように伝えます。

 

 

僕のヒーローアカデミア216話の感想・考察

心操の編入

ヒーロー科の入学試験を落ちて普通科に通いながらもヒーローになる夢を諦められなかった心操。今までの努力が報われそうな展開でよかったです。

 

この対抗戦での活躍を見ればヒーロー科への編入は当然だと感じます。二年生になるときにヒーロー科に編入されるようですが、A組とB組どちらのクラスに入るのかが非常に気になります。

主人公のいるA組、物間のような曲者がいるB組どちらに入ったとしても今後の展開が楽しみです。

 

物間の個性

物間は第5セットの試合前からデクの個性がコピーできない”スカ”の可能性について発言していました。物間の個性「コピー」でコピーできない個性があるということでしょうか。

もしも、特殊な個性であるワン・フォー・オール以外もコピーできないものがあるならばコピーできない条件が気になります。

 

ラストシーンで物間はエリちゃんのところへ来るように言われました。これは物間の個性がエリちゃんの個性をコントロールするうえで役に立つということなのでしょうか。

次回以降の展開が気になります。

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】215話ネタバレ!対抗戦第5セット決着!!

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】217話ネタバレ!新しい力の謎とデクの新たな決意!!