鬼滅の刃|ネタバレと感想

【鬼滅の刃】146話ネタバレ!善逸の勝利、そして炭治郎のもとにも上弦の鬼が!!

鬼滅の刃|ネタバレと感想

\公式サービスで安心・安全/

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

145話では善逸が自分だけの新しい型である漆ノ型で獪岳を倒しました。

この146話では、傷だらけの善逸を救おうとする者たちの様子が描かれます。また、炭治郎と義勇のもとに炭治郎にとって因縁のあるあの上弦の鬼が姿を現します。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【鬼滅の刃】145話ネタバレ!善逸と獪岳の戦い、雷の呼吸・漆ノ型!!

 

 

鬼滅の刃146話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

誇り

善逸が新しい技を編み出したことや彼に負けたことが信じられない獪岳。

ともに落下していく二人ですが、鬼殺隊の隊服を着た愈史郎が善逸を助けます。

 

夢の中のような場所で川を挟んで立つ師匠に対して謝罪する善逸。

そんな善逸に師匠は善逸が誇りであると語ります。

 

愈史郎と一般隊員たち

珠世の指示により隊員たちの救護などを行っていた愈史郎が村田たちに守られながら善逸の治療を行っています。

しかし、薬を使っても善逸の容体はあまりよくない様です。

また、愈史郎は獪岳が鬼の力を使いこなせていなかったため勝てたのは運がよかったと語ります。

 

そして愈史郎は自身の眼の力により何かが遭遇することを感じ取ります。

 

上弦の参・猗窩座との遭遇

共に進む中で大きな振動を感じる炭治郎と義勇。

そして、天井を突き破って上弦の参・猗窩座が現れます。

 

そして、炭治郎と猗窩座は戦闘を開始します。

 

一方で、無惨は肉の繭のようなものを作り人間に戻る薬を分解しながら珠世を取り込もうとしているようです。

 

[originalsc]
 

コミック版『鬼滅の刃』3〜4巻分を無料で読む

漫画「鬼滅の刃」のあらすじをネタバレ込みでご紹介しましたが、やっぱ絵付きで読みたいですよね。

 

フジテレビが運営するFODではAmazonアカウント(無料)で登録すると、1ヶ月無料で利用できます。

しかもその無料期間中に最大1300円分のポイントがもらえるので、コミック版『鬼滅の刃』を3〜4巻分読むことが可能です。
 ※登録時に自動付与で100円分、「8」の付く日に手動付与で400円分

 

\公式サービスで安心・安全/

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

※無料期間中に解約すると、月額料金は一切発生しません

関連記事:鬼滅の刃が全巻無料で読めるか検証!

 

鬼滅の刃146話の感想・考察

上弦に選ばれる基準

この146話の中で愈史郎が獪岳は自身の術や力を使いこなせていなかったと語っています。まだ力を使いこなせていないような鬼が上弦に選ばれているというのが意外な印象です。獪岳は将来性を買われたということでしょうか。

 

下弦の鬼は過去に何匹も柱に倒されているとはいえ、累が倒されただけで皆殺しにされたので無惨の十二鬼月の選定基準が謎です。

また、以前善逸が話していたように獪岳が間に合わせのようにして上弦に入ったのだとしたら新たな上弦の肆・伍・陸は以前の上弦の鬼より力が劣るのではないかと思います。

 

無惨の繭

無惨は薬を分解することが主な目的なのか肉の繭のような形になっています。

 

この状態は非常に無防備な状態のように思われるので、鬼殺隊にとっては千載一遇の好機と言えるのではないでしょうか。

この場に鬼殺隊の隊員が現れるとした無一郎と行冥あたりな気がします。しかし、上弦の壱・黒死牟が無惨を守っているという気もします。

 

ついに炭治郎と猗窩座の再戦が始まりました。煉獄が戦った時とは違い、今回は二対一で戦えること炭治郎が成長して強くなっていることなどから猗窩座にも勝てるのではないかと思います。

関連記事:【鬼滅の刃】145話ネタバレ!善逸と獪岳の戦い、雷の呼吸・漆ノ型!!

関連記事:【鬼滅の刃】147話ネタバレ!炭治郎の【成長を感じる人々!!