ハイキュー!!|ネタバレと感想

【ハイキュー!!】346話”思惑”ネタバレ!新たな局面

ハイキュー!!|ネタバレと感想

 

前号345話では、日向の斜め跳びに一瞬つられた白馬でしたが”2度跳び”で東峰をブロック!

立ってるだけでも手が出るという身長2m4㎝はやはり脅威ですね。

 

何をやっても糸口が掴めず、流れに乗れない烏野は1点、また1点と鴎台に点差を広げられ第一セットは鴎台が先取しました。

それども勝つことを諦めてはいない烏野!第二セットではきっと何かやってくれると期待しています!

それでは今号346話”思惑”の見どころをネタバレさせて頂きます!

 

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【ハイキュー!!】345話”犇々”ネタバレ!深い森に迷いこんだように

 

 

【ハイキュー!!】346話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

 

振り返り

第一セットは鴎台が先取し、両校コートチェンジの合間に先程のプレーを話し合います。

鴎台では日向の横っ跳びにはびっくりしたなと話していて、あの”不動の昼神”も手を出すとこだったと言いました。

 

烏野では、山口や木下が白馬のブロックを見て改めて”2mの壁”に脅威を感じた様です。

そんな二人に鳥飼コーチは『待て待て 漠然とびびるな』と言い、日向が横から『でも今ちょっとコースズレてたら決まってた!』と言います。

山口は『?タラレバ言い出したらキリないじゃん』と言うと、日向は『そうじゃなくて!』と返しますが、山口は『?』。

言葉の足らない日向に代わり影山が『同じ位置(スロット)からの攻撃は危険てことだな』と言うと、東峰が『!そっか』と理解し、『「前衛の後ろに隠れるようにしてバックアタック」ってパターン 今まで良く決まってたけど ”2度跳び”で間に合う奴からすれば「自分の位置内で攻撃してきてくれたラッキー」ってなるのか』と解説。

東峰の解説を聞き、澤村が『攻撃の早さもだけど”幅”も今まで以上に意識した方が良いな』とまとめました。

 

選手の背中を押す言葉

鳥飼コーチが『そうそう 確かにさっきのブロックにはビビったけど やられた理由が分かれば案外怖くなかったりするもんだ』と言うと、木下と山口は”2mの壁”の怖さを少しは払拭した様子。

続けて鳥飼コーチは『手応えが無いとき自分のやってる事は無駄なんじゃないかって感じる事がある でも 少なくとも 今 そんな事はないです』と言うと、烏野メンバーの顔が引き締まりました。

 

第二セットが始まる為、選手達はコートに入ります。

鳥飼コーチの後ろで烏野メンバーとの話しを聞いていた武田先生がニコニコしているのが気になり、鳥飼コーチが『?何だよ』と問いかけます。

武田先生は『間違ってる事を「そうじゃない」って言うのは普通ですが 正しい事を「あってるよ」って言う事は少ない気がします。 でも やってる本人達は不安になるものだと思うんです。「あってるよ」って口に出す事ってけっこう大事だと思うんですよね』と返答。

武田先生の言葉に鳥飼コーチは『学校の先生にほめられる日が来るとは』と嬉しそうでした。

 

始まる第二セット

両校選手がコートに整列すると、第一セットとは何か違う様子を画面越しに試合を見ている伊達工が解説。

鴎台はローテーションを回して、烏野の攻撃が最も手薄になる”滞るローテ”のタイミングに星海のサーブ且つ、白馬と昼神が前衛にくる鴎台の最強ローテをぶつけて連続得点を狙うつもりだそうです。

それを鳥飼コーチは読んでいたようで、烏野は日向と月島のスターティングを入れ替え、鴎台の最強ローテのタイミングに日向を当てるローテにしていました!

『コートの全てを守れないのと同じように ローテにも山と谷がある 何を強化し 何を捨てるか』

 

鴎台VS烏野戦、烏野から影山のサーブで第二セットスタートです!

 

【ハイキュー!!】346話の感想・考察

鳥飼コーチ『鴎台のシミュレーション通り行かすかよ』

あらすじ内ではとばしましたが、鳥飼コーチの心の声。策を講じたローテは果たしてどちらに軍配が上がるのでしょうか?

 

今号346話で面白かったシーンは、内容が分かりやすいようにととばしてしまったでコートチェンジの時に月島が『…またフルセットかよ…』と呟くシーン。

菅原が『2セット目獲る気マンマンか!』と言って、何かを察した月島の『…まってそれだけは言わないで』と言うのを遮り『日向みてぇだな!』とトドメの一言!

そしてこの落ち込みよう。

 

別のシーンでは、落ち込む弟とは対象的に自慢気な兄のシーンもありました!

宇内が星海の技術と判断力は圧倒的だと言うと、冴子姐さんが『圧倒的な星海に「避けなきゃヤバイ!」って思わせる蛍のブロックって事だな!』言うシーン。

小さい頃は弟が兄の活躍を自慢気にしていましたし、似た者兄弟ですね。

 

さあ、始まった第二セット。

ローテを回した事で生まれる新たな局面を烏野は制する事が出来るのでしょうか?

次回347話も見守っていきましょう!

関連記事:【ハイキュー!!】345話”犇々”ネタバレ!深い森に迷いこんだように

【ハイキュー!!】347話”風穴”ネタバレ!日向の十八番