メジャーセカンド|ネタバレと感想

【メジャーセカンド】160話『新入部員』ネタバレ・袂を分かったその人は

メジャーセカンド|ネタバレと感想

 

前回159話は、3年生の丹波が引退したことで空いたファーストのポジションを埋めるべく、大吾たち風林中の野球部メンバーは、新たな部員探しに奔走する事になりました。

 

そこで、センターを勤める1年生の千里が実姉を紹介し、大吾たちは早速声をかけに行くのですが。

 

また終盤は、以前に登場したとあるキャラクターも現れます。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【メジャーセカンド】159話『再始動!』ネタバレ・行く人と来る人

 

 

メジャーセカンド160話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

図書室にて

千里の実姉が同じ学年にいた事に驚く、大吾睦子。二人とは別のクラスにいるようです。

 

休み時間は専ら、読書に耽っているとのことで、二人は図書室を訪れる事にしました。

 

名は藤井千代

 

自分たちの後輩に実妹の千里がいる事を伝え、大吾は勧誘を試みます。

 

野球をやるつもりはありません

 

キッパリと断られてしまいました。

何処の部に在籍しているのかすら、教えてもくれません。

 

しかし、大吾はある身体的特徴に目をつけ、千代を再度野球部に誘う事に決めるのです。

 

あの人を口説かなきゃ!絶対にやればできるよ!

 

ある日の美術室

千代はデッサンをしていました。

現在は、美術部に在籍しているようです。

 

そんな千代のもとを、諦めの悪い大吾はまたも勧誘に訪れました。

 

しかし、教室をかなり執拗に覗いていたので、怪しまれる始末。

 

あまりのしつこさに千代は業を煮やし・・・

 

野球部なんか入りません!もう来ないでください!

 

そこへ1年生の仁科が現れて、大吾を呼びに来ます。

 

千代は二人のやり取りを、窓越しに見ていたようなのですが、仁科を見つめながら・・・

 

かっこいい

 

川崎シニアの千葉

かつて仁科と共に見学に現れた男です。

 

仁科によると、シニアのチームに所属していましたが、今はチームから干されてしまい、今回は自ら風林中まで訪れました。

 

正式な入部となれば、ひとまずは9人が揃いますが。

 

果たして、順調に事が運んでいくのでしょうか。

 

 

メジャーセカンド160話の感想・考察

お姉ちゃん初登場

読書や絵画を嗜み、文化的で大人しそうなキャラクターとして描かれた千代

 

千里曰く、

幼少期には姉妹揃って実父の藤井(現・ドルフィンズコーチ)から野球を教わっていました。

 

成長するにつれて、千代はテニスや水泳にも取り組みはじめ、それなりの運動能力はあったようなのですが、

何故スポーツから遠ざかっていたのかは定かではない、と言います。

 

次回161話以降で、千代の過去や人物像は掘り下げられていくのでしょう。

 

ただ、衝撃的なのがその高身長

 

中学生にして170センチはありそうです。

実父も聖秀学院で、吾郎としのぎを削っていた人物ですから、遺伝子をちゃんと受け継いだのでしょうね。

 

大吾はかなり惚れ込んでいましたが、ほぼ初対面で、相手はまして女子。

絶賛していたとはいえ、身体的特徴をそのままストレートに口にしてしまう所は、まだまだ青臭さを感じますね。

 

仁科も苦言を呈していました。

 

その仁科ですが、千代が窓越しに覗いた際に、一目惚れしている描写もあり、

感情の機微が垣間見えて、個人的に少しだけ人間味を感じられる一コマに思いました。

 

平成の最後に

元号が変わる前に再開できて良かったですね。

休載が昨年の秋ごろでしたので、急いで間に合わせた様子もなく、こだわって描かれていました。

 

今後も大いに期待できそうです。

 

最後に思ったこと。

 

なんだかんだ仲良くやってるようで何よりです。

 

以上、読んで戴きありがとうございました。

関連記事:【メジャーセカンド】159話『再始動!』ネタバレ・行く人と来る人

関連記事:【メジャーセカンド】161話『やなこった』ネタバレ・奪い取るもの