ドクターストーン|ネタバレと感想

【ドクターストーン】103話ネタバレ!再び訪れる3700年前の出来事!!

ドクターストーン|ネタバレと感想

 

前回102話では嵐の中「科学の眼」を使って島民に気づかれないように宝島に接近をしようとした千空たち。

今回の103話では、ついに千空たちが宝島に到着します。少数で宝島に上陸することになりますが、船に残ったメンバーに驚きの出来事が起こります。

物語全体で見ても、大きな動きを予感させる話になっています。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【ドクターストーン】102話ネタバレ!ペルセウスでの航海!!

 

 

ドクターストーン103話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

宝島に到着

嵐の中、晴れる前に岩陰に船を隠すことに成功した千空たち。

現地の人間を刺激しないためにも最小限のメンバーで偵察隊を出すことを決めた龍水。

千空、ソユーズ、ゲン、コハクの4人が偵察隊に選ばれます。

 

4人が出発した後、船に隠れて載っていたスイカを龍水が発見します。

偵察に行きたいというスイカに対し危険にさらしたくないという思いから厳しい言葉を投げかける龍水。

ソナーで海底に何かがあると確信した羽京の頼みで銀狼が海底の様子を見に行きます。

そこには、人間の石像が大量に沈んでいました。

 

石化光線が降り注いだ時にはこの島が無人島であったことから、羽京は大量の石像があることに疑問を抱きます。

 

石化再び

岸壁の上からの何者かの視線に気づく龍水。

船の方が光ったと感じたと言うコハクに対し、電話も通じないことから千空とコハクを先に行かせゲンとソユーズは望遠鏡で船の方を確認します。

2人が望遠鏡で船を確認すると、残った乗組員たちが石化していました。

 

しかし、石化直前に龍水はスイカを蹴り飛ばし彼女だけは救っていました。

島民の捨てた貝殻を発見したコハク。

この貝殻から島民を探すための科学捜査がスタートします。

 

 

ドクターストーン103話の感想・考察

宝島の島民

全員ではないものの再び人間が石化させられてしまうという驚きの展開でした。宝島の島民は3700年前の石化に関わっているかは分かりませんが、石化光線の秘密は知っているようです。

島民がホワイマンなのかどうかは分かりませんが、石化光線の秘密を探るという当初の目的はこの宝島で達成できそうな気がします。

スイカを助ける時間があったということや羽京が弓を構えていたことから船にのこったメンバーは島民を目撃している可能性があります。

また、船内にいる氷月やほむらも石化してしまったのでしょうか。

 

島民の探索

島民を見つけるために彼らが捨てたと思われる貝殻から島民を探し出そうとしている千空。貝殻やその周辺からどのような方法で島民を見つけるのか大変興味があります。

 

また、石化から助かったスイカの偵察能力が何かの役に立つのではないかと思います。

残った5人がそれぞれに役割を果たし、ソユーズのなかにある希少な鉱石などを手に入れることになると思いますが島民とはどのような関係性になっていくのかが気になるところです。

プラチナを手に入れることができた時に、硝酸を大量生産し石化したメンバーを石化から救うのではないかと思われます。

関連記事:【ドクターストーン】102話ネタバレ!ペルセウスでの航海!!

関連記事:【ドクターストーン】104話ネタバレ!宝島の住人を追跡!!