僕のヒーローアカデミア|ネタバレと感想

【僕のヒーローアカデミア】228話ネタバレ!解放軍の狙いはトゥワイス!?

僕のヒーローアカデミア|ネタバレと感想

 

前回227話では死柄木の個性に進化のようなものが見られました。また、死柄木には祖母である志村菜奈の記憶も多少はあるようでした。

今回の228話では、敵連合のメンバーが戦いの中でバラバラになってしまいます。また、解放軍には敵連合を潰す以外に目的があるようです。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】227話ネタバレ!激化する敵連合と解放軍の戦い!!

 

 

僕のヒーローアカデミア228話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

蒼炎VS氷

目の前にいる氷の使い手が強いと感じている荼毘。

 

氷の使い手は荼毘の行動から「何かを待っている」もしくは「異能に問題アリ」ではないかと語ります。

2人の大規模攻撃により、敵連合のメンバーはバラバラになってしまいます。

死柄木とスピナーが一緒にいること、トガヒミコが先走って行方不明であることを確認するMr.コンプレス。

近くにいたトゥワイスがいなくなっていることにも気づきます。

 

トゥワイスのトラウマ

倉庫で倒れている虫の息のトガヒミコを発見するトゥワイス。

トガヒミコを抱きしめ連合が自身の居場所だと涙を流します。

 

そんな中、トゥワイスの背後に複数の人影が忍び寄ります。

トゥワイスとトガヒミコの居所を掴んだ近属たち解放軍。

近属はキュリオスのためにとトガヒミコにとどめを刺そうと考えています。

 

トゥワイスが後ろを振り返ると、そこにはかつての自分のトラウマを思い出させる自分と同じ顔をした人間たちが立っていました。

 

トゥワイスに襲い掛かる同じ顔をした人間たち。

この同じ姿をした人間たちは解放コード「スケプティック」近属の異能「人形」によるものでした。

スケプティックはリ・デストロに万が一のことがあった場合に備えて、トゥワイスを解放軍に引き入れようとしていました。

 

 

僕のヒーローアカデミア228話の感想・考察

作戦の成否

ギガントマキアと解放軍を戦わせるという死柄木の作戦ですが、解放軍に全てとはいかないまでも見破られている可能性が氷の使い手のセリフからもあると思います。

仮に死柄木の作戦が見破られていた場合、解放軍はギガントマキアに対して何かしらの対策を行っているのではないでしょうか。

また、死柄木たち敵連合が解放軍とギガントマキアの両方を相手にしなけらばならなくなるということも考えられます。

 

トゥワイスを欲する解放軍

この228話のラストで解放軍がトゥワイスを解放軍に引き入れようとしていることが明らかになりました。

 

トゥワイスの個性を使って、自分たちのリーダーに万が一のことが起こった場合に備えようとするところから解放軍という組織が計画性を持って行動していると言えると思います。

単純に敵対する組織を潰そうとするだけでなく、自分たちが有効に利用できそうな人間を利用しようとしているところは組織のしたたかさを感じます。

 

トゥワイスを引き入れようとしている解放軍ですが、トゥワイスの心の傷をえぐるような方法で接触していることから説得して仲間に引き入れるということはしなさそうです。

 

解放軍がトゥワイスに対してどのような行動をとるのか、荼毘の戦いの行方はどうなるなかなど次回以降も気になる点が数多くあります。

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】227話ネタバレ!激化する敵連合と解放軍の戦い!!

関連記事:【僕のヒーローアカデミア】229話ネタバレ!トゥワイスのピンチと覚醒!!