鬼滅の刃|ネタバレと感想

【鬼滅の刃】125話ネタバレ!ついに決着!!半天狗との戦い!

鬼滅の刃|ネタバレと感想

\公式サービスで安心・安全/

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

前回の話では恋柱・甘露寺蜜璃が子供の姿の半天狗を足止めし、炭治郎たちが本体を追っていました。

この125話では半天狗の本体をついに炭治郎が追い詰めます。また、鋼鐵塚が研いでいた新しい炭治郎の刀がついに炭治郎の元に届きます。

関連記事:【鬼滅の刃】124話ネタバレ!鬼殺隊と半天狗の激闘!!

 

 

鬼滅の刃125話のあらすじ(ネタバレ・画バレあり)

逃げる半天狗と追う炭治郎たち

夜明けが迫る中、蜜璃の体力を心配する炭治郎。夜明けとともに鬼は逃げてしまうため時間が迫っています。

 

木を根元から引き抜き、半天狗本体に投げ続ける怒りの玄弥。禰豆子もすきを突き半天狗に迫りますが逃げ足が速く逃げられてしまいます。

足を負傷し思うように追いかけることができない炭治郎ですが、善逸の話していた雷の呼吸の話を思い出し急激に加速し半天狗の頸に迫ります。

 

しかし、半天狗の頸の途中で刀は止まり半天狗は巨大化して反撃してきます。

 

 

禰豆子の爆血で窮地を脱した炭治郎。半天狗も力を使いすぎたようで近くにいる人間を喰おうとします。

 

新しい刀

炭治郎の刀は半天狗の頸に食い込んだままですが、半天狗は炭治郎の刀では食い込むまでで切断はできないと判断します。必死に半天狗を追う炭治郎。

そこに無一郎が鋼鐵塚が研いでいた新しい刀を届けてくれます。

 

 

 

鋼鐵塚がまだ第一段階しか作業が終わっていないといいますが、かまわず鬼の頸を斬るように促す無一郎。

そして、新しい刀を手にした炭治郎が半天狗の頸を切断します。

 

 

[originalsc]
 

コミック版『鬼滅の刃』3〜4巻分を無料で読む

漫画「鬼滅の刃」のあらすじをネタバレ込みでご紹介しましたが、やっぱ絵付きで読みたいですよね。

 

フジテレビが運営するFODではAmazonアカウント(無料)で登録すると、1ヶ月無料で利用できます。

しかもその無料期間中に最大1300円分のポイントがもらえるので、コミック版『鬼滅の刃』を3〜4巻分読むことが可能です。
 ※登録時に自動付与で100円分、「8」の付く日に手動付与で400円分

 

\公式サービスで安心・安全/

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

※無料期間中に解約すると、月額料金は一切発生しません

関連記事:鬼滅の刃が全巻無料で読めるか検証!

 

鬼滅の刃125話の感想・考察

雷の呼吸

炭治郎は最初に「水の呼吸」を次には「ヒノカミ神楽」を使っていましたが現在はそのハイブリッドを使っています。

今回の話で善逸の話をもとに「雷の呼吸」を使ったのかそれともそれをヒントに身体を動かしたのかどちらなのか気になるところです。

 

「日の呼吸」はすべての呼吸のもとになったものなのでそれも関係しているのかもしれません。

 

新たな日輪刀

人形の中から出てきた昔の日輪刀。鋼鐵塚が研いでくれていましたが、ついに炭治郎の手元に届きました。鋼鐵塚曰く、まだ第一段階までしか研いでないとのことでしたがまだこの刀には何か秘密等があるのでしょうか。

また、炭治郎の日輪刀はこれまで黒色でしたがこの新しい刀が何色になるのか。最初に刀を手にしたときに鋼鐵塚が期待していたように赤色になるのでしょうか。

 

今回の話で本当に半天狗を打ち取ったのだとすると、百年以上顔ぶれの変わらなかった上弦の鬼を立て続けに3体倒したことになります。鬼殺隊側から見ると順調に行き過ぎていて少し怖い気もします。

また、鬼舞辻無惨の残りの上弦の鬼たち怒りもかなりのものなるだろうと予想できます。

関連記事:【鬼滅の刃】124話ネタバレ!鬼殺隊と半天狗の激闘!!
関連記事:【鬼滅の刃】126話ネタバレ!半天狗の最期、そして禰豆子に異変が!?